スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏もほぼ終わりです

夏もほぼ終わりです

insalata di polipo

今週に入ってからだいぶ気温が下がってすごしやすく爽やかな空気に変わりました。
夏ももうそろそろ終わり…と思うとちょっとさびしい。
というわけで、夏の間に外食で食べたものをチラッと紹介します。

まず上の料理は
たことジャガイモのサラダ
オリーブオイルと塩、こしょう、バルサミコ酢(甘口の濃縮タイプ)の味付けです。
カプリ料理のレストランということで、カプリ島風の白を貴重にした内装がとてもかわいいレストランでした。
たこが柔らかかった!
この後うちでもこの料理を再現(冷凍のタコで)してみました。
タコとジャガイモ、相性がとても良いです。
この料理は前菜という位置づけですが、これ1品でおなかいっぱいになります。

次は夏祭りで食べたスティンコ。
豚のひざの関節のところだそうです。
炭火焼でした。
夏祭りは各地域ごとに村人がボランティアで働いて、地域で使う費用を稼ぐようです。
(サッカーチームの運営費だとか)
スティンコは鶏の間接と同じような感じで、プリプリした食感でした。

stinco.jpg


次はパスタが2品。
上はアマトリチャーナ、下は手打ちパスタのいのししソースあえ。
アマトリチャーナで使われているパスタはブカティーニという中に穴が開いたロングパスタです。
かなり太く見えますが、中が空洞なので見た目ほど量はありません。
このレストランのアマトリチャーナは今まで食べた中でも一番です!

いのししのソースも美味しかったです。
イタリア中部は狩猟が盛んなので、いのししも結構食べます。
私の住んでいる村の山の上のほうに住んでいるおじさんが「うちの前にもいのしし来るんだよ。夜中は気をつけてね。」と言ってました。いつもいる訳ではないけど、時々食べ物を探してやってくることがあるそうです。
食べ物の少なくなる冬場は気をつけないと…。

amatriciana.jpg
sugo di cinghiale


次は日本食!
中国人経営の「中華・和食レストラン」の夕食バイキングに行って来ました。
中華は炒め物、麺類、揚げ物、蒸し物などなど、和食は寿司、てんぷら、鉄板焼き、それにプラスしてイタリア料理のメニューも一通り(パスタ、サラダ)あります。
私は揚げ物が好きなので気がつくと揚げ物ばかり食べてしまいます。
私が揚げ物ゾーンで自分のお皿に取っているときに、隣でちびっこがお母さんに「こら、揚げ物ばかり選ばないのっ!」って怒られていました。確かに揚げ物ばかりは良くないです。
ここのお寿司は最初に行ったときはシャリの部分がありえないくらい大きかったのですが、今回行ったらそこそこの大きさに落ち着いていました。でもそれでもまだ大きい気が…。
夫はバイキングスタイルが新鮮らしく、レジャー感覚で食べに行ってます。
食べ物の内容より、雰囲気が好きだとか。

wok sushi

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

湖の島でザーラのお散歩

湖の島でザーラとお散歩

ポルヴェーゼ島 2

家から車で30分ほどのところにあるトラジメーノ湖の島に行ってきました。「お弁当でも持って、半日島でのんびり過ごそうか~」と昨日の夜までそういうつもりでいたのですが、朝寝坊して支度が面倒になり、お弁当を準備せず「じゃあザーラのお散歩だけ」ということで手ぶらでフラッと島に出かけました。
今週は日本と同じくイタリアも休暇シーズンのピークなので、島に渡る船の乗り場もとても混んでいました。湖畔と島は船で10分ほどの距離。朝2番目の船に乗りました。船の中に人がいっぱいで、しかも船のモーター音が結構大きかったので、ザーラが怖がって興奮するかと思っていたのですが、思いのほか落ち着いていました。船の中にはザーラのほかにも3頭のわんこが乗っていましたが、人がいっぱいいたのでお互いの姿には気がついていないようでした。犬は「リードにつながれていること」という注意書きがありましたが、チケット売り場で「口輪をつけるように」と言われ、口輪を持っているか見せるように言われました。

島にはレストランとバールがありますが、島で湖水浴をする人たちはみんな大きなクーラーバックを持って船に乗っていました。この間テレビのニュースで報道していましたが、ここ数年の経済危機の影響で、海水浴にお弁当を持っていく人が増えたそうです。60年代、70年代のスタイルに回帰…らしいです。

船を下りるとほとんどの乗客が砂浜に向かって歩いていきました。しかもかなり早足で!どうやら場所取りのためのようです。私たちは島を一周歩いて帰るつもりでいたので、そのまま砂浜のある場所を突っ切って、散歩道を歩きました。大きな木のトンネルになっていて、木陰がありなかなか快適なコースです。

ポルヴェーゼ島 3

夾竹桃の木がいっぱいありました。
白、ピンク、赤…とランダムに植えてあります。
白い夾竹桃は濃い葉の色と花の色とのコントラストがとても美しいので、ピンクや赤の夾竹桃より好きです。
花は終わりに近づいているようです。

ポルヴェーゼ島 4

大きな百日紅(さるすべり)の木もいっぱいありました。

ポルヴェーゼ島 5

途中ちょこちょこ立ち止まりながら、ザーラとのんびり歩いてぐるりと島1周、1時間ちょっとのお散歩でした。
10時50分に島について、帰りは島を12時に発つ船に乗りました。この時間に島をあとにする人は少ないので、帰りの船は空いていました。ザーラが船に怖がらずに乗れたので、今度はゆっくり連れてきたいです。

ポルヴェーゼ島 1

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ズッキーニの花のカルボナーラ

ズッキーニの花のカルボナーラ

かぼちゃの花のカルボナーラ

姑が親戚から畑の野菜と取れたての卵をもらったので、私たちにもおすそ分けしてくれました。
ちょうどパンチェッタとペコリーノロマーノが冷蔵庫にあったので久しぶりにカルボナーラを作りました。
一緒にもらったズッキーニの花もせっかくなので入れちゃいました。
ズッキーニの花は生サルシッチャと一緒にいためてパスタと和えるとおいしいので、豚肉と相性が良いかな~と思ってカルボナーラにあわせてみました。なかなかおいしかったのでまたリピートしたいと思います!

手順は、まずパンチェッタをオリーブオイルでいためて、そこにズッキーニの花(下処理は外側についているがくと中のめしべを取って、軽く水で洗って水気を切る)を入れてよく火を通します。ボールに卵を割って溶き、その中に炒めたズッキーニの花とパンチェッタ、削ったペコリーノロマーノを入れておきます。茹で上がったスパゲッティのお湯をよくきってボールの中にいれ、混ぜ合わせて出来上がりです。
塩、こしょうは好みで…。


夏の間はズッキーニが旬なのでよく食べます。
一番好きな食べ方は、輪切りにしてオリーブオイルで炒めて、塩で味付け。
仕上がりにワインビネガーと乾燥ハーブ(オレガノかマジョラム)をちょっとかけて食べます。
イタリアでは野菜はメイン料理の付け合せで食べますが、私たちはパスタに1品プラスで野菜の付け合せ料理を食べています。パスタだけだと物足りないし、野菜が足りない気がするので。
ズッキーニ

今週末は月に一度の骨董市だったので、暇つぶしがてらに見に行ってきました。
かごに入ったガラクタの山から気に入ったものを見つけました。
乳白色のガラスでできたマグカップ。
フランスのアルコパル社製。
一目ぼれで購入。

アルコパル

業務用のイリーのデミタスカップ。
昔のロゴなのですが、こちらのロゴのほうが今のロゴよりかわいい!
なぜ変えてしまったの??
(ロゴは1996年に変更したみたいです。)
ソーサーはなし。
新しいカップが増えたので、お茶の時間がしばらく楽しめそうです。

イリーデミタスカップ

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

子牛のレバーステーキ

子牛のレバーステーキ

15 mag 2013 2

先日姑が「体にいいから食べなさい」と言って私たち夫婦の分も用意しておいてくれた子牛のレバーを教えてもらった手順でステーキにしました。
新鮮なレバーをお肉屋さんがステーキ用にきちんと切ってくれます。
まずレバーをきれいに水で洗って水気を取り、白ワインビネガーに浸たして30分ほど置いて臭みをとります。その後、ビネガー液から取り出して水気を切り、塩をふります。そして薄切りの玉ねぎとセージの葉を肉の間にはさみ、今度はオリーブオイルでマリネします。5分~10分ほど置いて、その後フライパンで焼きます。

15 mag 2013 1

焼きあがったレバーと玉ねぎにはワインビネガーの酸味と甘みが少しして、とても柔らかい味になります。
シンプルな料理なので、腕よりも何よりもまず、いかに美味しいレバーを手に入れるか!というところが大事なんだと思います。姑は内臓料理の材料だけは必ずお肉屋さんで入手してます。スーパーの肉売り場じゃいまいち不安らしいです。

先週はポプラの綿毛が大量に飛んでいました。
早い年は3月後半に飛ぶのですが、今年はかなり遅めです。
ザーラのお散歩コースにもこんなに大きなポプラの木があります。

15 mag 2013 4

落ちた綿毛が地面に雪のように積もっています。朝露でぬれて、ザーラの脚の裏にもぺたぺたくっついています。

15 mag 2013 3

ここ数日はクローバーの花と赤いケシの花が満開です。
ザーラの散歩道もいろんな花が咲き乱れていて今が一年で一番散歩が楽しい時期です!

15 mag 2013 5

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

ザーラの予防接種

ザーラの予防接種

zara mag 2013 1.

昨日ザーラを予防接種に連れて行きました。
年に2回予防接種を受けています。
毎回獣医さんが次回の予防接種時期をザーラ用の健康手帳に記してくれるので、それを参考にして連れて行っています。
ザーラがお世話になっているのはイタリアの動物愛護団体ENPAが運営する診療所です。ここのL先生は熱血先生で、飼い主に対して大変厳しいです。私も診察の途中に「犬が余計に不安になるから、飼い主がびくびくするな~!」と怒られたことがあります。と言うわけでかなりクセのある人なのですが、それは動物を大事に思うがゆえそういう態度になってしまうようなのです。
L先生は病院によくあるイラスト入りのポスターを使って説明するのがお得意で、以前ザーラのお腹に虫が見つかったときも、ポスターを使って説明してくれました。今回も「なぜカルドテック(フィラリア対策用の薬)が必要なのか?」をパンフレットを使って説明してくれました。

毎回の検診でチェックされるのは予防薬をきちんと使っているかどうかです。
ザーラの健康手帳にノミ・ダニ対策のスポット薬の点薬日とフィラリア対策の薬の投薬日を記しているので、それを必ずチェックされます。
そしてスポット薬についてはどの薬を使っているのか名前を聞かれます。

zara mag 2013 2

L先生の方針では、スポット薬はEXSPOTかADVANTIXでないとダメだそうです。
私たちの住んでいるウンブリア州ではLEISHMANIOSI(リーシュマニア)という蚊やパッパターチ(吸血バエ)を媒介にする病気の感染症例が見られるので、これをカバーしている薬でなければならないそうです。そうなると選択肢はこの二つのうちどちらかなのだそうです。フィラリアの感染例はウンブリア州ではごく稀で、怖いのはLEISHMANIOSIの方なのだそうです。

毎回春の予防接種のときにL先生がフィラリア対策用の薬Cardotekの処方箋を書いてくれます。このお薬はお肉味のおやつスティックのようになっていて、飲み込んでもらうのがとても楽です!フィラリア対策には注射という手もありますが、他の飼い主さんに聞いてみたらこのCardotekを使っている人も結構いました。私たちがこの方法を取っているのはL先生の方針によります。このお薬は虫下しの薬で、フィラリアだけでなく回虫症にも有効なんだそうです。先生曰く「ペルージャの公園にはドラッグと同じくらいこの回虫症が普及してます」=かなり高い確率で感染が予想されるそうです。

ENPAの診療所は薬は売っていないので、この薬を買いに薬局つきの大型ペットショップに行きます。ふつうの薬局でも買えるのですが、このペットショップだと毎回大幅な値引きをしてくれます。この間、その話をザーラのお友達の飼い主さんにしたら、「え、そんなに値段が違うの?」と半信半疑でしたが、その後そのお店に行ったようで、「本当だった!あなたの言っていた値段だったわ!」とお礼を言われました。

zara mag 2013 3

予防接種のときに軽くザーラの健康チェックもしてくれます。
診てもらえるのは「目、耳、歯、心音」です。今回も全て良好!特に歯はきれいにしているとほめられました。ザーラはタレ耳じゃないので、耳は毎月シャワーのときにきれいにするくらいで何もしていません。爪は最初の1回だけ切ってくれたのですが、「これは飼い主さんの仕事です!」と言われ、それ以来獣医さんのところでは切ってもらっていません。なので家で切っているのですが、怖くて先っぽをちょろっとしか切れないです。先生はかなりがばっっと思い切って切っていましたが…。またかなり伸びてきたので今夜辺りびくびくしながら切ろうと思います。
次回の予防接種は11月。そのときまでお医者さんにかかることがないといいな~と思っています。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:パペリーナ
サッカー観戦にはポテトチップスと
コーラが欠かせないと思っている
新米ミラニスタです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。